そうだ、うちを建てよう

うちをたてる経過日記です。 長野県 ホクシンハウスさんで検討中

家具検討:シェーカー家具

家具についてはシェーカー家具スタイルのものが気に入っています。


具体的に検討を始めるまでは
私「さほどこだわりもないので、家具屋さんにいってトータルコーディネートで提案してもらおっか」

などと話していたのですが、いろいろ見ているうちに
思ったより好き嫌いとこだわりがあることが判明しいろいろ考えていくことにしました。


シェーカー家具について_シェーカージャパン
(上記記事より)
シェーカー家具は、18世紀後半から19世紀にかけてニューイングランド地方でマザー・アン・リーをリーダーとするシェーカー教徒によって創られたものです。
シェーカー教徒は厳格な清教徒で、所有欲を嫌い、規律を重んじ、労働を尊び、その労働によって高い精神性を保てると信じていました。その特色は、実用性や仕事の完璧さだけにあるのではなく、それらを超越した微妙な美しさが、そのプロポーションに現れていること。装飾を排除した中から生まれた機能美が、洗練されたフォルムを描き出していることです。

19世紀初頭のシェーカー家具:メトロポリタン美術館


上の写真は
メトロポリタン美術館に収蔵されている19世紀初頭のシェーカー家具。
シェーカー家具はデザインの原点とも呼ばれているようで、ほとんどの家具は影響をうけているとかいないとか。そのまま現代に持ってきてもLDKになじみそうなデザインですよね。用途に必要なもの以外の装飾はなく、機能的で丈夫な家具でとてもいいなと思っています。


ということで、LDKに
シェーカースタイルのダイニングテーブルを起きたいなと思っています。
今のところの希望は以前と変化無く、椅子と同じLaVidaさんのa テーブル。
見た目のスッキリさ加減、T字脚のお陰で座る位置を選ばないことからお客さんが来た時も便利かなと思っています。


私たちの生活スタイルでは、
ダイニングとキッチンは家の中心部分だと思っています。

大きさと木材次第で値段がいろいろ変わるので、そこもまた悩みどころ。

aテーブル