そうだ、うちを建てよう

うちをたてる経過日記です。 長野県 ホクシンハウスさんで検討中

家具検討:こたつ

こたつが壊れました。


働き始めたときに関西から長野県にやってきました。
瀬戸内気候⇒長野県の移動に伴って気候大変動です。


暖房器具といえばエアコンのみ、の生活を学生時代はしていたのですが、長野県に来て石油ストーブを購入し、コタツを購入した、そのときのコタツです。


当時の購入記録はもう残っていませんでしたが、合板の安いものを探して買った記憶があります。


で、そのこたつが壊れました。
子どもたちが合板の上に氷水の入ったコップを長期放置し天板がふやけたり
子どもたちが天板の上に乗っかったり etc...をしていたところ
「バキっ」と音がして貫が折れました。


新居にはコタツを持っていくかは悩みのタネでした。
高気密高断熱住宅+FB工法による全巻暖房ですので、コタツのような局所暖房はいらないのでは?+やや幅の大きいコタツでしたので、新居に持っていくには邪魔かな、と。


壊れたまま使って子どもたちが怪我をするのが一番困りますので年末の物入りの時期ではありますがコタツの新調を考え始めました。


今の時期購入する⇒新居には持っていかざるを得ない(モッタイナイ)
デザイン性の高いもの、または無垢材等のこたつを探し始めました。


インテリアとしてはシンプル・ナチュラル系が好きなのですが、それで揃えすぎても空間が単調になってしまいそうだな、とソファの色やローテーブルは少しアクセントをつけて選んでいきたいと思っています。


私「丸テーブルのコタツは?」
妻「コタツといえば四角っぽいのが良い、丸はこたつって感じがしない」


家造りをするようになるとお互いの趣味の違いが出てきて面白いです。
さて、妥協点を探さねば。


候補は
高松辰雄商店のCARO-CARO2
ウォールナット / バーチ / ゼブラ / カリン / ナラを突板として順に貼り付けることでデザイン性の高い天板を作り上げています。


ソファ前のローテーブルとしても使えそうだし気になっています。