そうだ、うちを建てよう

うちをたてる経過日記です。 長野県 ホクシンハウスさんで検討中

見学:上田展示場

やはり、仕事が早く終わりました。まじめに働いていますよ?
よし、帰ろうと思っていたら上田インターの近くまでお使いを頼まれたのでホクシンハウスの上田展示場にぶらり突撃。
例によって写真は上田展示場のWebページから拝借しています。


冬暖かく夏涼しい高気密・高断熱の家ならホクシンハウス


別の展示場でプランニング中である旨は告げましたがこちらは設計士さんが出てきて案内してくださいました。せっかくなので、と気になっていたことをいくつか質問して帰ってきましたのでメモ



Q:FBスーパー工法では壁内通気層側の断熱剤が厚い→壁内通気層が狭いことになりFB工法と比べて壁内の換気や2Fの暖かさが悪くなったりしないのか
A:確かにFBスーパー工法では壁内通気層はやや狭くなるが、計測上2Fと1Fの温度差につながったりはしていない。また、標準の壁外の断熱剤をフェノールフォームに変更しているため壁内の厚みも変更になったことから、以前よりは壁内通気層は広くとれている。


準防火地域だったので、外壁の断熱剤がフェノールフォームに変わったのはうれしいところです。


Q:音が響くことについては対策は?
A:2Fの床の下に石膏ボードを置いたりして対策している。吹き抜けがある間取りが多いことから吹き抜けの分音は聞こえやすい。また、各部屋へのダクトも防音の物を使用するようにして対策はしている。


標準で対策はとられているようです。高気密高断熱であることから吹き抜けがある間取りを希望される施主さんも多く、吹き抜けて空間がつながっていれば音が聞こえやすくなるのは仕方がない所かなとも思います。
子供が思春期になってきたりしたらカーペットや壁面に棚でも置くかなあ。。。


Q:シーリングファンについては?
A:モデルハウスでは暖房の時期は使用していない。2Fの冷房を使用するときに空気の撹拌に使用している。吹き抜けが大きい場合には掃除のことを検討した上でつけてもいいのでは?


前回の記事で見かけない、と書きましたが上田展示場の吹き抜けにはしっかり設置されていました。


きれいなクロスの壁も良いなと思っていましたが、塗り壁の存在感を実感して帰ってきました。1Fは塗り壁に傾いています。


さて、3連休にまた打ち合わせがあるから伝えたいことをまとめておかないと。