そうだ、うちを建てよう

長野県 ホクシンハウスでうちを建てた記録のブログです。2018年竣工済

Web内覧会:洗面、トイレ

さて、Web内覧会、お見せできるところからシリーズ、続けたいと思います。
メインのリビングにたどり着くのはいつの日になることから(^^ゞ


トイレ、洗面です。
朝の混雑時間帯にトイレを取り合って喧嘩になることなどがあったことからトイレは2Fと1Fの2カ所と決めました。


結局、行きやすい1Fのトイレを取り合って朝の忙しい時間帯に揉めていますが( ̄。 ̄;)



「トイレはTOTO」


 夫婦ともにあまりこだわりはのある場所では無かったのですが、なぜかトイレはTOTO,というイメージがあり、お風呂と併せてTOTOさんにお願いする事にあっという間に決まりました。除菌についてはあまり興味が無かったのでハウスメーカーモデルのNXシリーズのタンクレストイレを選択しています。ラインリモコンに変更したくらいですかね。


ただ、トイレカウンターについてはTOTOさんのものだけでは少し満足できませんでした。スリムな物が多く、我が家のパイプスペースとの関係がありもう少し自由度のあるトイレカウンターが良いなということでトイレカウンターのみ1Fは他社のもので検討をしてみることに。
水回りと住器は必ずいつか壊れると思っており、いわゆるメーカーの物を使っておくほうが修理を考えるとよいのではないかと考えています。そのため、造作は選択肢から除外。


いろいろ見て歩いた結果、Panasonicさんはトイレカウンターを「アラウーノカウンター」として独立した商品群として販売しているようでしたのでそちらを採用してお願いする事にしました。

浮き型カウンターも考えたのですが、水栓下部に収納が欲しいかなということで収納ありプランにしました。Panasonicの建材は見た目がよくスタイリッシュですね。

1Fもトイレは2Fと同じTOTOさんのモデルです。


どちらかというと探したのが1Fの洗面

・足下があいているフロートタイプと呼ばれる洗面台
・画像のようなオープンな収納は綺麗に使い切れないので、引き出し型収納
・シンクが洗面台の中央に配置されていること(我が家の洗面の幅で)
・正面の鏡は三面鏡+収納


で探し始めたのですが、以外と難敵でした。
フロートタイプは各社あるのですが、1680幅でないとシンクが洗面台の真ん中に来ず、もしくは収納がオープン収納になってしまったりとなかなか気に入る物が見つかりませんでした。水回りですし、できれば造作は避けたい、としつこく探していたところ、
トクラスを見つけました。




・フロートタイプ
・引き出し型収納
・三面鏡可能 ということで、早速長駆トクラスのショールームへ相談に行ってお願いする事にしました。

足下にゴミ箱が収納出来るのも良い感じで気に入っています。


あとトクラスではあまり宣伝していませんでしたが、三面鏡の棚の部分がステンレスの網になっている「乾くん棚」 収納が網になっていることでミラーを閉じた状態でも中が湿気ず、自然に換気が可能です。使ってみるとこれがとても便利、少しのぬれたものならおいておけば棚乾燥が可能です。しずくはシンクに向かって落ちていくし非常に気に入っています。