そうだ、うちを建てよう

うちをたてる経過日記です。 長野県 ホクシンハウスさんで検討中

基礎の話:最深凍結深度

基礎の話の勉強メモ
我が家の土地は標高400-500m程度。1000mある軽井沢の半分とは思いませんでした。
基礎の深さは寒さによる、という事を聞いてそうなのかと思って調べてみたら最新凍結深度によって基礎の掘削深度が決まるそうな。
冬期に凍結しうる最深深度のことで、凍結すると地面が盛り上がるためそれを見越して掘削をする必要があるとのこと。


軽井沢では70cmまで凍結すると聞いてびっくり。


(下記ブログより)
建物を支える基礎においても軽井沢は寒冷地としての特異な部分があります。 冬期には気温が氷点下20度を下回ることもあるため地面が凍ってしまいますが、その凍りつく深さを 凍結深度と言います。地面が凍ると体積が膨らみ地盤が盛り上がりますが、この力は建物を持ち上げ るほどの大きな力になる場合もあります。そのため軽井沢で建築する場合の建物基礎においては、地 盤と接する最深部をこの凍結深度より深くまで掘削する必要があります。この凍結深度は軽井沢町の 指定では700㎜ですが設計上では余裕をみて750㎜で計画することが良心的です。


我が家の土地の場合は30-40cmくらいかな。
知らないことばかりです。