そうだ、うちを建てよう

うちをたてる経過日記です。 長野県 ホクシンハウスさんで検討中

外構検討:ブミコン その2

外構検討:ブミコン - そうだ、うちを建てよう


長野県でブミコンの施行をしているキクイチさんから
【住まいと暮らしの住宅総合展示会 暮らしのフェスティバル】に出店しており
「ブミコンの実物見られますよ」
とお誘いのメールがあったことから家族でドライブがてら出かけてきました。



ブミコンに水をかけるサンプル展示が行われていました。
確かにかけた分の水が透過して下に流れて行っています。
見た目は固まった砂利とコンクリートの間のような見た目なのですが、不思議。

駐車場に主に使いたい旨相談したところ、大型車の止まるような駐車場は難しいが、家庭の普通車を駐車する場所であればとの返事。カーポート等も併せての施行をお願い出来るとのことなので、検討を進めたいと思います。


「家の外観等決まってからの方が色やデザインの検討もしやすいのでもう少し後のタイミングから検討開始しましょう」とのこと。ご尤も。


帰り道、時間も余ったので深志神社にお参りを。

良い天気、結婚式の写真撮影が行われていましたがとても気持ちよさそうでした。
娘が結婚式の和装を見て「ドレスじゃない結婚式もあるのか」と面白がっていました。
結婚式と言えばドレスのイメージだったみたいですね。


深志神社の駐車場の一部がブミコン塗装とのことで、駐車場もうろうろ。
これかな?


全体をブミコンにするとやはり長野県の冬、少し割れるのかな。まあ、コンクリートは伸縮する物、ある程度は是非もなし。伸縮目地や目透かしをあらかじめ入れたりくらいしか手はないのですかね。
(追記:後でキクイチの方から連絡を頂きました。深志神社の駐車場の施行は東京での施行そのままの施行の様で一部割れもでているとのこと。現在は寒冷地仕様にするため長野県モードになっているそうな。確かに旧開智学校のブミコンは割れはありませんでした、寒冷地仕様施行であれば大丈夫なのかな?)

神社の横の手水舎の部分もブミコン塗装かと思います。
絶えず水が流れ続けているためか、透過吸収出来る量を超えているのか、流れの多い中心部はやや水が溜まっていました。周辺は流れる端から吸収されて染みこんだ色のみになってました。


寒い間の施行は避けたい雰囲気でしたので、どちらにしても家が竣工してからの工事ですね。お願いするの忘れないようにっと。



(おまけ)

(ブミコンブースにて)
キクイチの方:ご来場ありがとうございます。ところで、ブログやってます?


ばれたー。


まさかこんな場末のブログがばれるとは。世の中狭い物です。