そうだ、うちを建てよう

うちをたてる経過日記です。 長野県 ホクシンハウスさんで検討中

建材検討:制震ダンパー evoltz

建材の追加の話。



家に求めること
・あたたかいこと
・耐震性


長野県の、活断層が無いと言われている地域に家を建てる予定です。
しかし、「活断層がない」というのはそもそも日本ではあり得ないと思っています。
発見されていない活断層はあるでしょう。


ホクシンハウスの工法の基本は木造軸組工法。
軸組+構造用合板で十分、という意見もあるようですが、ホクシンハウスのショールームに飾ってあった制震ダンパーが気になっています。


BILSTEINにて製作をされている木造住宅向けの制震ダンパーがevoltzです。
ホクシンハウスさんのオプションとして存在します。


自動車のショックアブソーバーと同様に揺れの吸収を行う装置です。
後で追加できない安全装置は最初からつけておく、が車を買うときのモットーですので、家についても同様に可能な限りケアしておきたいと思っています。


さて、増額増額。
予算の減額は諦め加減。働けば良いんです、ええ。